ブログ

念願のKa’a Na Aleワークショップ

2013年のある日、優子先生のfacebookのタイムラインでシェアされたこの動画。

「先生!この曲すっごく素敵ですね!」
「いつかやりたいですね!」

すぐに私たちは飛びつき、コメントを書き込みました。

私は2011年の6月からLAKIでフラを始めましたが、先輩たちが踊る曲で絶対にいつかの目標としていた曲が「Maunaleo」と「Kanohonapilikai」で、とにかく毎日毎日しつこいくらい曲を聴き、動画を探しては観ていました。その日より「Ka’a Na Ale」が加わったことは言うまでもありません。

「ハワイ語の歌詞だけれど、どんな内容を歌っているのだろう」

原曲の一青窈さんの「ハナミズキ」は2001年9月11日にアメリカで起こった同時多発テロ事件を受けて作られて一青さんの平和を願う思いが形になったものだというエピソードは広く知られています。「Ka’a Na Ale」はこの「ハナミズキ」にインスパイアを受けたKuanaが3.11を追悼して書いた曲ということですから、この美しくもの悲しい旋律には恐らく、人と人との別れやその大切な方への切ない想いなどが歌われているのだろうなと想像しながら聞いていました。

 

それからしばらく、、、
2015年1月のある日、優子先生から東京でワークショップが開催される!と伺いました。
そして大人気ですぐに枠が埋まってしまうくらい受講を希望する方々が殺到しているようでした。

私も受講してみたい!と思うと同時に、こんな初心者レベルなのに希望することはおこがましくないか・・・と逡巡もしました。でも優子先生が「コークアみんなで習得しよう!」と仰ってくださったのでお願いをすることにしました。Kuanaから直接ワークを受けられるのだという緊張と、ついに「Ka’a Na Ale」のフラを経験できるのだという興奮とない交ぜな気持ちになりました。

2月21日の土曜日、芝浦のスタジオサキさんへ伺いました。受講者は40名はいらっしゃたでしょうか、結構ぎゅうぎゅう詰めの印象で、皆さんの熱気も感じました。現れたKuanaは鏡の前に座り、「これは僕のリラックスオイルなんだ」と緑のボトルから手にオイルを出して体中にそれをすりこみながら歌詞の説明をしてくださいました。オイルのアロマが漂ってきて、私の緊張も少し解けていくようです。それからまもなくしてレッスンがスタートです。ずっと耳で聞いていたKuanaのコーラスを文字で見て(ずっと歌詞を探してたのですが全く見当たらなかったのです!)、日本語訳を知り、Kaonaの説明を伺い、そしてフリの意味が落ちてきて「Ka’a Na Ale」の世界が徐々に立体になっていくのは感動的な90分でした。

お別れをせねばならなかった人も、私の人生の大切な一部になっている。
これまで出会った人はみんな、私の人生の一部になっている。
そう考えると私という人間は一人だけれど一人ではない。
そして私自身も誰かの一部になっている。
単なる別れの悲しみだけではない、大きな意味がそこにはありました。
そんな世界を描けるKuanaの素晴らしい表現力と、
その感受性を培ったハワイという地への愛がさらに高まる思いです。

このような機会を頂き有難うございました。

“念願のKa’a Na Aleワークショップ” の続きを読む

4ハラウ合同!クリスマスパーティ@新宿

xmas

12月14日にLAKI ALOHAを含む4ハラウで合同クリスマスパーティを開催しました。
新宿のBRANDING BAR OSCAR LOUNGEという地下にあるライブハウスです。普段の営業ではK-popアイドルのライブなどが行われるお店らしく、普段のステージとは異なった趣にLAKIメンバー一同どきどきとしておりました。

xmas1

キラキラなライティングも新鮮です!

LAKIから披露した曲は

  • MELE OHANA
  • WALKING IN A WINTER WONDERLAND
  • KANANAKA
  • Tuahine
  • Kaimanahila
  • Keanu O Waimea

の全6曲です。

4人の先生によるフラにはみんなでくぎ付け♥♥♥
先生に憧れる気持ちはどのハラウに属していても一緒なんだなと舞台を息をつめて見守る気持ちに共感して一体感を感じた瞬間でした。
xmas4

最後の2曲は「踊れる人はだれでも参加しよう!」というメレフラスタイルだったので4ハラウからそれぞれステージに参加しましたので色んな衣装が入り乱れてより一層華やかな舞台になりました。フラが好きな人とはすぐに打ち解けることが出来ますね。良い一年の締めくくりとなった楽しいイベントでした。
xmas3

この後、LAKIメンバーは忘年会という名の打ち上げに向かいます。わたしたちの打ち上げといえば、定番のタイ料理!ということで新宿にあるタイ料理屋さんを調べて予約していたのはクルンテープさん。
xmas5

メニューを見ていたメンバーが、「あれ、いつものクンメーと似ている・・・」と一言。
偶然ですが、姉妹店だったのです!!

お決まりの白ワインで2014年の活動のラストを飾り、とても楽しい晩となりました!
また来年もたくさんみんなとhulaが出来ますように。

関連ランキング:タイ料理 | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

フラカンファレンス2014に参加して参りました!(3)

今回の滞在ではパワースポットを訪れたいなと考えていました。
パワースポット、というとなんだかミーハーな響きですが、ハワイのマナと歴史を感じられる場所を体感したかった、という意味です!

クカニロコ・バースストーン。
ホノルルに着いてからそのまま車を走らせて1時間弱くらい、オアフのど真ん中でいわばおへそにあたる部分とのこと。なんていうことのない道に脇に車を停められ、そこから赤土を踏みしめながら向かう先に見える地平に数々の岩があり、たくさんのレイがかけられていました。

日本からのお客様と思しき方もたくさん訪れていましたが、みなさんご懐妊中の様子。
昔も今も脈々とした人類の出産という尊い仕事とバトンのうえに今日のわたしの今があると深淵な思いが去来します。横たわる岩々と風にそよぐ木々の葉といつまで眺めても飽きない空間でした。

そのままハレイワからノースショアをめぐり、目指すはワイメアバレーです。
駐車場には美しい孔雀が!

復元されたヘイアウ=古代ハワイ宗教の祭祀場です。
聞けば、このエリアは古代ハワイ住民のタロイモの生産地として栄えたところであるそうです。

それにしても、なんと緑豊かな空間でしょうか!

目を奪われる鮮やかな花の数々。
園内には5000種の熱帯植物が育っているとか。

 

時間の経過とエネルギーを感じられる太い幹、伸びやかな枝・・・!

時間の都合上、ハイキングは諦めたのですが、それでも魅力の一端は十分に感じることができました。マノアへ訪れた時もそう感じましたが、わたしはハワイの森の深さと鬱蒼とした空気の濃さが大好きです。バレーへはまたゆっくりと時間を確保して再訪せねばなりません。

そして、癒しの海カヴェヘヴェ。

これは全くの偶然なのですが、今回宿泊したアウトリガー・リーフ・オン・ザ・ビーチの目の前の海がカヴェヘヴェと呼ばれる古代ハワイアンにとっての癒しの聖地だったというのです。
http://www.hawaii-arukikata.com/culture/mystery/mystery17.html

砂の上に座って空の色の移り変わりを見ているだけでもその効果を実感することができるような気がしました。