フラカンファレンス2014に参加して参りました!(3)

今回の滞在ではパワースポットを訪れたいなと考えていました。
パワースポット、というとなんだかミーハーな響きですが、ハワイのマナと歴史を感じられる場所を体感したかった、という意味です!

クカニロコ・バースストーン。
ホノルルに着いてからそのまま車を走らせて1時間弱くらい、オアフのど真ん中でいわばおへそにあたる部分とのこと。なんていうことのない道に脇に車を停められ、そこから赤土を踏みしめながら向かう先に見える地平に数々の岩があり、たくさんのレイがかけられていました。

日本からのお客様と思しき方もたくさん訪れていましたが、みなさんご懐妊中の様子。
昔も今も脈々とした人類の出産という尊い仕事とバトンのうえに今日のわたしの今があると深淵な思いが去来します。横たわる岩々と風にそよぐ木々の葉といつまで眺めても飽きない空間でした。

そのままハレイワからノースショアをめぐり、目指すはワイメアバレーです。
駐車場には美しい孔雀が!

復元されたヘイアウ=古代ハワイ宗教の祭祀場です。
聞けば、このエリアは古代ハワイ住民のタロイモの生産地として栄えたところであるそうです。

それにしても、なんと緑豊かな空間でしょうか!

目を奪われる鮮やかな花の数々。
園内には5000種の熱帯植物が育っているとか。

 

時間の経過とエネルギーを感じられる太い幹、伸びやかな枝・・・!

時間の都合上、ハイキングは諦めたのですが、それでも魅力の一端は十分に感じることができました。マノアへ訪れた時もそう感じましたが、わたしはハワイの森の深さと鬱蒼とした空気の濃さが大好きです。バレーへはまたゆっくりと時間を確保して再訪せねばなりません。

そして、癒しの海カヴェヘヴェ。

これは全くの偶然なのですが、今回宿泊したアウトリガー・リーフ・オン・ザ・ビーチの目の前の海がカヴェヘヴェと呼ばれる古代ハワイアンにとっての癒しの聖地だったというのです。
http://www.hawaii-arukikata.com/culture/mystery/mystery17.html

砂の上に座って空の色の移り変わりを見ているだけでもその効果を実感することができるような気がしました。

フラカンファレンス2014に参加して参りました!(2)

食レポです 笑

行きのエアはJALでしたが、機内食が「俺のー」でした。
びっくり!!

 

一コマ目のレッスンが終わるとミールクーポン握りしめケータリングスペースへ。

定番、サンドイッチ。

これをほうばると、フラカンファに来たなーと実感します。

お寝坊なわたしは大体朝ごはん食べずに慌てて到着するのですが、
今回はケータリングスペースへ直行してつまみ食いできるこんなものを買ってみました。

ほかほかのスパム握り。
かなりずっしりしてるのでレッスンが始まる前に食べきれないくらいでした。
でもハワイの朝ごはん感を味うことが出来ました。

時間に余裕が出来て優子先生とお話するときはアラモアナのマイタイバー、でマイタイが定番に。
オープンエアの造りで風が心地よくまどろみを誘います。
http://ameblo.jp/jtb-hawaii/entry-11647038018.html

 

今年は初めてホイケに参加しました!
去年は逃げたのです・・・
曲も習得できなかったし、心の準備が出来ていなかったので・・・
でも今年は優子先生に背中を押されて出ることにしました!
ホイケ前に優子先生のお部屋に集合して直前までフリをさらい、みなさんでおめかしをしてドキドキクヒオビーチへ・・・

やっぱりまだわたしは一人では出る準備をする事は出来なくて情けないけれど、みんなと一緒に出ることはとても心強く、時間がない中でレッスンをした時間も欠け替えがなく、そしてフラカンファでの成果として胸が張れることが一つ出来たのは誇らしい思いでした。

クムによってハラウのスタイルが全く異なるのも知ることができてとても刺激的でした。

この後に、みんなで車を飛ばしマイランへ向かいました。

 

シンハーで乾杯しました。
ラムチョップが美味!!

そして、肝心の蟹カレーを撮影していませんでした・・・

http://www.gnavi.co.jp/world/america/honolulu/w203075/

お店の方に裏メニューを尋ねて、それをほとんど頼みましたがどれもとっても美味しかったです。
何より楽しかったーーーー:-)

 

また早くハワイに行きたいです。

フラカンファレンス2014に参加して参りました!(1)

ワイキキフラカンファレンスに参加してきました。
私にとっては、去年に引き続き2回目です。

ほら貝の音がオープニングセレモニーのスタートを知らせると、クム・エインズリーのオリの声が聞こえ、正装した姿のクムの姿が見えてくると、厳かな気分が高まります。

 

オープニングセレモニーが終わるとスケジュール表を握りしめそれぞれの受講クラスへ・・・
何曲習得できるでしょうか・・・

コンベンションセンターからの眺望です。

文責:香里