クアナ・トレス・カへレ 日本縦断ツアー2016@浦安

会社を早退して浦安まで行ってまいりました!!大好きクアナのコンサートです。
LAKIでもWaikahuliKa’a Na Ale’Ohai Ali’i Kaluheaなどでクアナの楽曲に取り組んできました。ワークショップに参加したことはありましたがクアナのコンサートは初めて拝見します。
チケットを取り損ねた・・・と失望していると、出演ハラウのサキさんからチケットを融通していただきました><
本当に有難いです・・・!
  

浦安市文化会館の小ホールにて18時半から20時までの1時間半の内容でした。全部で400席程度のホールのため、ステージが近い!高まる期待・・・!
座席には華やかな衣装を身に着けた方々が大勢いらっしゃいます。曲順がくると、客席から直接ステージに上がるスタイルなのですね。

クアナの「ミュージック・フォー・ザ・ハワイアン・アイランド」というハワイ諸島の各島をモチーフにしたCD7枚連作のプロジェクト、2014年にハワイ島「Hawaii Keawe」、ニイハウ島「Kahelelani Niihau」、2015年にマウイ島「Piilani Maui」をリリース。今年は4枚目となるカウアイ島「Manookalanipo」がリリースされるので今回はそのためのツアーです。そのためこのCDからの楽曲をメインにした構成とのこと。レッスンした曲も披露されると嬉しいなとこっそり思っていました。

20150907_1759132

幕が上がり、ステージの真ん中にクアナがスタンドマイクと共にいました。
首にはシェルレイとマイレレイを重ね付けし、
ギターを持つ左手にはピンク色と白のレイを5・6本かけています。

メリーモナークでも出ずっぱりの歌いっぱなし、そこから日本縦断ツアー、そしてこの後にはヨーロッパツアーが控えているとのこと。いつもと変わらぬ美しいファルセットですが、やや苦悶の表情でやはり喉と身体を酷使されているのではないかと少し心配になりました。大きな丸い身体から振り絞るように思いのたけをこめた歌声をしっかりと受け止めなければとこちらも必死でクアナのお姿を目に焼き付けました。

 
サキさんのステージも素晴らしかったです。クアナの生歌で踊るのはさぞ気持ちいいのだろう・・・!と客席にいるわたしの心が浮き立つような伸びやかなフラでした。とても、羨ましいです・・・!この後、WaikahuliKa’a Na Aleも聞くことが出来て大満足でした。アンコールは、クアナスクールのカネダンサーとクアナ二人でフラを披露されました。クアナのフラも大好きです。クアナのフォルムが好きです。

早めに終わったので、浦安駅前の焼き鳥屋さんで優子先生とお食事をしました。普通の居酒屋さんの外見ですが中を覗くと、仕事帰りのサラリーマンで席が結構埋まっており、「こういうお店って結構おいしいのよね!」と判断して入った甲斐がありました。
img_0661.jpg

とても充実した一日で、ライブを反芻してはますますWaikahuli’Ohai Ali’i Kaluheaの躍り込み意欲が掻き立てられました。フラシーズンの到来、張り切ります。いつかクアナの生歌で優子先生たちと踊る日が訪れますように。

最近のヘビロテは、クアナが書き下ろしてすぐにアップしたこちらの動画「Lei Niolopua」。収録されているものと異なり、地声で歌っています。昨年のOHANA PARTYの際に、優子先生とmacoちゃんが踊っているのを観て以来、この切ない曲が忘れられません。

香里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です